いけばな嵯峨御流

いけばな嵯峨御流

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う華道芸術学院:授業中止について

現在発生している新型コロナウイルス感染症の影響から、受講生の皆さまをはじめとした関係各位の健康と安全を第一に検討した結果、令和2年2月3月に開講予定でございました華道芸術学院:本所専修会/研究科/自然塾/特別講座の授業開講を中止しますことをご案内申し上げます。

受講生の皆さま、ならびに関係の皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

 

嵯峨天皇奉献 華道祭』中止のお知らせ

令和2年4月10日~12日に開催予定でありました「嵯峨天皇奉献 華道祭」は、新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえ、感染拡大の防止のためにやむなく「全日中止」することと決定いたしました。どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

いけばな嵯峨御流関係各位

いけばな嵯峨御流華道総司所

理事長 伊勢 俊雄

華務長 辻󠄀井 ミカ

「政府の新型コロナウイルス感染拡大防止要請を受けて」

謹啓

陽春の候、皆様には日々ご清祥にて嵯峨御流華道の道にご精進の事と大慶に存じます。日頃より嵯峨御流華道総司所の護持発展のため、ご理解とご協力を下さり心から感謝申し上げます。

さて今般、世界で猛威を振るっております新型コロナウイルス感染症は、未知の部分が多い上に、様々な情報が錯綜していて、不安を抱えておられる皆様も多いことと存じます。
過日、日本政府から感染拡大防止の要請が発表され、全国学校の休校・卒業式や入学式の中止・大規模イベントの中止などが相次いでおります。

大覚寺を総司所とする嵯峨御流華道におきましても、皆様の健康と安全を最優先と考え、総司所や全国に於ける当面の諸会議・講座等を中止させて頂き、各地での状況に応じて各々ご対応頂いております。司所長先生や地区諸役の先生方には大変お手数をお掛けしておりますが、引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

更には、断腸の思いで来たる4月の華道祭を中止させて頂きました。今後は、状況を見据えながら新年度の事業を推進させて頂きますが、状況如何によりましては、大覚寺また嵯峨御流の諸行事等に関して、臨機な対応が必要であると考えております。

今、世界の多くの方々が、この新型ウィルスに立ち向かう上で、大変重要な時期を迎えていると存じます。このような状況であるからこそ、嵯峨天皇様の般若心経浄写の精神を継承する大覚寺では、一山僧侶出仕の上、毎朝新型コロナウイルス感染症終息平癒のお祈りを継続させて頂いております。どうぞ全国嵯峨御流華道の門人各位におかれましても、新型感染症終息平癒祈念の浄念を共有下さいますようお願い申し上げます。

世界規模の大きな感染症でありますが、我々一人ひとりは、日常生活での手洗いや咳エチケット、検温等による各々の健康管理を始めとして、人込みを避けること等の基本的な事を大切にしつつ、お住いの地域における状況を正確に把握しながら、みんなで心をあわせて感染症対策に取り組んでいくことが重要と考えます。

正確な情報をもとに、平常心をもって生活するよう心がけて頂きたく存じます。1日も早くこの事態が終息し、皆で楽しくいけばな嵯峨御流の学びが再開出来ますように、心から願ってやみません。

合掌

ページトップへ